Oracle 9i for SPARC のインストール

環境設定

oracleユーザーの作成

インストール

インストーラ起動

インベントリの場所

UNIX グループ名

oraInst.sh の実行

ファイルの場所

使用可能な製品

インストールタイプ

Database Configuration

サマリー

CD入れ替え

構成スクリプト実行

パッチ

Lisner設定

listener追加

listener起動

インスタンス作成

oratabファイルの設定

dbca でインスタンスを作成すると oratabファイル(デフォルトで /var/opt/oracle) にインスタンス名が追加される。

<インスタンス名>:$ORACLE_HOME:N
例)
TEST:/opt/app/oracle/product/9.2.0:N

dbstart、dbshutコマンドで起動・停止を行うには、最後のNをYに変更する

<インスタンス名>:$ORACLE_HOME:N
↓
<インスタンス名>:$ORACLE_HOME:Y

spfileを使わないようにする(任意)

  1. spfile(SID).ora ファイルの削除
    • dbca でインスタンスを作成すると、$ORACLE_HOME/dbs 以下に
      spfile(SID).ora
      というOracleの永続パラメータ・ファイルが作成されるが、これを削除する。
      mv $ORACLE_HOME/dbs/spfile(SID).ora $ORACLE_HOME/dbs/_spfile(SID).ora
      ※ rm で削除しても問題なし
  2. init(SID).ora ファイルの作成
    • $ORACLE_BASE/admin/(SID)/pfile/init.ora.(日付情報?) にinit(SID).oraのひな形ある。このファイルを元にinit(SID).oraを作成し、シンボリックリンクを作る。
      cp $ORACLE_BASE/admin/(SID)/pfile/init.ora.xxxx $ORACLE_BASE/admin/(SID)/pfile/init(SID).ora
      ln -s $ORACLE_BASE/admin/(SID)/pfile/init(SID).ora $ORACLE_HOME/dbs/init(SID).ora
      ※インスタンスの初期化パラメータを変更したい場合は
      $ORACLE_BASE/admin/(SID)/pfile/init(SID).ora
      を修正する。

dbshutコマンドの修正

OS起動時にDBも起動

Enterprise Manager

$ORACLE_HOME/bin/oemapp
$ORACLE_HOME/bin/oemapp dbastudio

あたりで起動します。起動したらスキーマ作成とかしませう。

sqltraceを使用可能にする





トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS