*Oracle 9i for SPARC のインストール 
#contents
**環境設定
-/etc/system に以下のエントリを追加(Oracle用に共有メモリとセマフォを確保する)
 set semsys:seminfo_semmni=100
 set semsys:seminfo_semmns=1024
 set semsys:seminfo_semmsl=256
 set shmsys:shminfo_shmmax=4294967295
 set shmsys:shminfo_shmmin=1
 set shmsys:shminfo_shmmni=100
 set shmsys:shminfo_shmseg=10
-エントリを追加したらOS再起動
**oracleユーザーの作成
-oracleユーザーとoracleグループ(dba)を作成する
 groupadd dba
 useradd -g dba -d /opt/oracle -s /bin/csh -m oracle
 passwd oracle
-oracleユーザーの環境変数を設定する(.cshrc)
 setenv ORACLE_BASE /opt/oracle
 setenv ORACLE_HOME $ORACLE_BASE/product/9.2.0
 setenv ORA_NLS33 $ORACLE_HOME/ocommon/nls/admin/data
 setenv CLASSPATH $ORACLE_HOME/jre/1.1.8:$ORACLE_HOME/jlib:$ORACLE_HOME/jlib/product/jlib
 
 set path = ($ORACLE_HOME/bin $path)
 setenv LD_LIBRARY_PATH $ORACLE_HOME/lib:$LD_LIBRARY_PATH
**インストール
***インストーラ起動
-oracleでログインする
-環境変数DISPLAYを設定する
-CDドライブに Oracle9i Database 1of3 を入れる
-/cdrom以外に移動(/tmpとか)
-/cdrom/disk1/runInstallerを起動
 cd /tmp
 /cdrom/disk1/runInstaller
***インベントリの場所
-デフォルトの$ORACLE_HOME/oraInventoryで問題なし
***UNIX グループ名
-上で作ったoracleグループ名(dba)を指定
***oraInst.sh の実行
-コンソールを開き、root権限で/tmp/orainstRoot.shを実行
 su
 /tmp/orainstRoot.sh
***ファイルの場所
-基本的にデフォルトでOKだが、Oracleホーム名は変えてもOK
-とりあえず「ora920」とでもしておく
***使用可能な製品
-Serverをインストールする:Oracle 9i Database 〜 を選択
-Clientをインストールする:Oracle 9i Client 〜 を選択
***インストールタイプ
-Server~
よくわからなければEnterprise Editionを選択しておく
--Enterprise Edition~
とにかく全部インストールするならこれを選択
--Statndard Edition~
高度な機能が不要ならこれを選択
--Custom~
自分で選ぶならこれを選択
-Client~
よくわからなければAdministratorを選択しておく
--Administrator~
クライアントソフトを全部インストールするならこれを選択
--Runtime~
管理ツールが不要ならこれを選択
--Custome~
自分で選ぶならこれを選択
***Database Configuration
-Server~
セットアップ中にインスタンスの構築をするかどうか。インスタンスは後で作れるので、通常はSoftware Onlyで問題なし。というか作られても困ることが多い。
--General Propose
--Transaction Processing
--Data Warehouse
--Customized
--Software Only
-Client~
Clientのインストールでは関係がない
***サマリー
-インストールされる内容が表示されるので、一応確認する
-問題がなさそうなら、インストール開始
***CD入れ替え
-CDの入れ替え指示が出たら、CDを入れ替える
-CDの場所指定は以下のようにする
--Disk2→/cdrom/disk2
--Disk3→/cdrom/disk2
***構成スクリプト実行
-コンソールを開き、root権限で/opt/oracle/product/9.2.0/root.shを実行
 su
 /opt/oracle/product/9.2.0/root.sh
-local bin ディレクトリを指定(デフォルトでOK)
 /usr/local/bin
**パッチ
-パッチを入手(サポートから)
-ファイルを展開
 unzip hogehoge.zip
 cpio -i -d < hogehoge.cpio
-disk1/runInstallerを実行
-インストーラをインストール
-パッチをインストール
-コンソールを開き、root権限で/opt/oracle/product/9.2.0/root.shを実行

**Lisner設定
***listener追加
-CDEでログイン
-netcaを起動
 $ORACLE_BASE/bin/netca
-リスナー構成を選択
-とりあえず、あとはデフォルトのまま最後まで進める
***listener起動
-全リスナー起動
 lsnrctl start
-個別リスナー起動
 lsnrctl start <lisner名>
**インスタンス作成
-oracleユーザでCDEにログインする
-必要なら$ORACLE_BASEにoradataとadminへのシンボリックリンクを作る
 mkdir /export/home/oracle/oradata
 mkdir /export/home/oracle/admin
 cd $ORACLE_BASE
 ln -s /export/home/oracle/oradata
 ln -s /export/home/oracle/admin
-Database Configuration Assistantを実行
 $ORACLE_HOME/bin/dbca
**oratabファイルの設定
dbca でインスタンスを作成すると oratabファイル(デフォルトで /var/opt/oracle) にインスタンス名が追加される。
 <インスタンス名>:$ORACLE_HOME:N
 例)
 TEST:/opt/app/oracle/product/9.2.0:N
dbstart、dbshutコマンドで起動・停止を行うには、最後のNをYに変更する
 <インスタンス名>:$ORACLE_HOME:N
 ↓
 <インスタンス名>:$ORACLE_HOME:Y
**spfileを使わないようにする(任意)
+spfile(SID).ora ファイルの削除
--dbca でインスタンスを作成すると、$ORACLE_BASE/dbs 以下に
 spfile(SID).ora
というOracleの永続パラメータ・ファイルが作成されるが、これを削除する。
 mv $ORACLE_HOME/dbs/spfile(SID).ora $ORACLE_HOME/dbs/_spfile(SID).ora
 ※ rm で削除しても問題なし
+init(SID).ora ファイルの作成
--$ORACLE_BASE/admin/(SID)/pfile/init.ora.(日付情報?) にinit(SID).oraのひな形ある。このファイルを元にinit(SID).oraを作成し、シンボリックリンクを作る。
 cp $ORACLE_BASE/admin/(SID)/pfile/init.ora.xxxx $ORACLE_BASE/admin/(SID)/pfile/init(SID).ora
 ln -s $ORACLE_BASE/admin/(SID)/pfile/init(SID).ora $ORACLE_HOME/dbs/init(SID).ora
※インスタンスの初期化パラメータを変更したい場合は
 $ORACLE_BASE/admin/(SID)/pfile/init(SID).ora
を修正する。
**dbshutコマンドの修正
-$ORACLE_HOME/bin/dbshutコマンドでデータベースを停止するときに、shutdownコマンドにimmediateオプションをつけてクライアントを強制的にrollbackして切断してしまうようにする。
--変更前
      case $VERSION in
                  "6")  sqldba command=shutdown ;;
                  "internal")  $SQLDBA <<EOF
 connect internal
 shutdown
 EOF
                    ;;
                  *)  $SQLDBA <<EOF
 connect / as sysdba
 shutdown
 EOF
                    ;;
              esac
--変更後
      case $VERSION in
                  "6")  sqldba command=shutdown ;;
                  "internal")  $SQLDBA <<EOF
 connect internal
 shutdown immediate  ←コレ
 EOF
                    ;;
                  *)  $SQLDBA <<EOF
 connect / as sysdba
 shutdown immediate  ←コレ
 
 EOF
                    ;;
              esac

**OS起動時にDBも起動
-/etc/init.dへ、dboraという名前で以下のスクリプトを作成
 #!/bin/sh
 
 ORA_HOME=/opt/app/oracle/product/9.2.0
 ORA_OWNER=oracle
 
 if [ ! -f $ORA_HOME/bin/dbstart -o ! -d $ORA_HOME ]; then
         echo "Oracle startup: cannot start"
 fi
 
 case "$1" in
 'start')
        su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/dbstart "
        su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/lsnrctl start"
        ;;
 'stop')
        su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/lsnrctl stop"
        su - $ORA_OWNER -c "$ORA_HOME/bin/dbshut "
 ;;
 esac
-/etc/rc?.dにシンボリックリンクを作る
 cd /etc/rc2.d
 ln -s ../init.d/dbora S98dbora
 cd /etc/rc0.d
 ln -s ../init.d/dbora K11dbora
 cd /etc/rc1.d
 ln -s ../init.d/dbora K11dbora
-oracleユーザのホームディレクトリにある.loginを削除する
 su oracle
 cd ~
 mv .login dot.login
**Enterprise Manager
 $ORACLE_HOME/bin/oemapp
 $ORACLE_HOME/bin/oemapp dbastudio
あたりで起動します。起動したらスキーマ作成とかしませう。


~
~
CENTER:&amazon(zaurus,key,UNIX Solaris Oracle オラクル SQL, books);


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS