*LinuxとUNIX
 *LinuxとUNIX [#v7411243]
 #contents
 **基本
 **基本 [#h67cfeb6]
 -[[UNIXコマンドのキホン]]
 
 **sudoコマンド
 -/etc/sudoersファイルに以下のようにユーザーIDを登録
  user ALL=(ALL) ALL
 **vi [#d7be4c9a]
 -[[viの基本コマンド]]
 -置換
  :s/<変換元文字列>/<変換後文字列>/g
 ファイル内全部まとめてなら
  :g/<変換元文字列>/s//<変換後文字列>/g
 -undo
  u
 -Redo
  .
 
 **xinetdの再起動
 **sudoコマンド [#e0a75662]
 -[[sudo>sudoのインストール]]
 
 **xinetdの再起動 [#mb19beec]
  /etc/rc.d/init.d/xinetd restart
 
 **inetdの再起動
 **inetdの再起動 [#n17f9374]
  ps -ef | grep inetd
  kill -HUP プロセス番号
 
 **サーバの監視
 **cron [#fb83bd61]
 -crontab
 |コマンド(+パラメータ)|説明|
 |crontab -e|crontabファイルを編集|
 |crontab -r|crontabファイルを削除|
 |crontab -l|crontabファイルを表示|
 -crontab -eで起動されるエディタは、環境変数EDITORに指定されたもの。未設定の場合はedが起動する。
 
 **サーバの監視 [#t9aaf612]
 -[[ORCAWareでサーバ監視]]
 -[[ZABBIX]]
 
 **インストールこぉなぁ
 **ビルド&インストールメモ [#de3a951a]
 -[[Apach2+PHP4>Apach2+PHP4のインストール]]
 -[[wget>wgetのインストール]]
 -[[GNU tar>GNU tarのインストール]]
 -[[top>topのインストール]]
 -[[OpenSSH>OpenSSHのインストール]]
 **Solaris Install
 -グラフィック設定(フレームバッファの解像度変更)
 --eeprom上のモニタ設定
  setenv output-device screen:r1024x768x60
  boot -r
 screenに指定できる値は以下のようなもの
  1024x768x60  1024x768x70 
  1024x768x75  1024x768x77 
  1152x900x66  1152x900x76 
  1280x800x76  1280x1024x60 
  1280x1024x67 1280x1024x76 
  640x480x60
 --Solaris8統合デスクトップ(CDE)解像度設定
  /usr/sbin/afbconfig -res svga
 resの後ろは上記の値の他に以下のような記号でも指定できまふ
  記号名  対応する表示モード
  svga   1024x768x60
  1152   1152x900x76
  1280   1280x1024x76 
  stereo  960x680x112s 
  ntsc   640x480x60i
  pal    768x575x50i 
 -[[emacs>emacsのインストール]]
 -[[samba>Sambaのインストール]]
 -[[w3m>w3mのインストール]]
 -[[GNU find>GNU Findutilsのインストール]]
 -[[QKC>QKCのインストール]]
 -[[sudo>sudoのインストール]]
 -[[MySQL>MySQLのインストール]]
 -[[CVS>CVSのインストール]]
 -[[delegate>delegateのインストール]]
 **Solaris こぉなぁ [#reebdce9]
 -[[Solarisメモ>Solaris]]
 
 **TERM=teraterm を使う [#cba28bc0]
 -UNIX(Solaris/Linux)側
 --[[ここ>http://hp.vector.co.jp/authors/VA002416/]]から[[Tera Term 用 TERMINFO ファイル>http://hp.vector.co.jp/authors/VA002416/teralin1.tgz]]をダウンロードする
  mkdir teracap
  cd teracap
  wget http://hp.vector.co.jp/authors/VA002416/teralin1.tgz
 --展開
  tar zxvf teralin1.tgz
 --インストール
  sudo tic teraterm.ti
 -TeraTerm側
 --TERATERM.INIに以下を追記(または変更)
  AnswerBack=teraterm
  TermType=teraterm
  VTColor=0,0,0,192,192,192
  VTBoldColor=0,0,255,255,255,255
  VTBlinkColor=255,0,0,255,255,255
 --UNIX(Solaris/Linux)へ接続
 --emacsあたりを起動して確認
 
 
 **ファイルの分割と結合 [#vc5c3dc7]
 -分割
  例:hoge.binを1Mずつに分割
  split -b 1m hoge.bin hoge.
 -結合
  cat hoge.* > hoge.bin
 
 -デフォルトゲートウェイ~
 /etc/defaultrouterにデフォルトゲートウェイのIPアドレスを1行書く
  192.168.1.1
 -DNS設定~
 solaris から DNS を参照するには/etc/resolv.confを編集する
  domain tanuzou.com
  nameserver 192.168.1.2
  nameserver 192.168.1.3
 /etc/nsswitch.confのhostエントリを変更する
  hosts files dns
 **デフォルトのシステム言語の設定 [#af81dd96]
 /etc/sysconfig/i18n を変更する
  [nuzou@tanuzou01 sysconfig]# cat i18n 
  LANG="ja_JP.UTF-8"
  SUPPORTED="ja_JP.UTF-8:ja_JP:ja"
  SYSFONT="latarcyrheb-sun16"
 
 **Solaris8 のパワーセーブモードをOFFにする
  mv /etc/rc2.d/S85power /etc/rc2.d/_S85power
 **Solaris シャットダウン
  /usr/sbin/shutdown -g0 -i0 -y
 -g0:シャットダウンまでの時間
 -i0:init 0の実行
 -y:ユーザの介入なしにシャットダウン
 **Ultra10にUSBインターフェースを増設
 -[[Ultra10にUSBインターフェースを増設]]
 
 **/etc/shellsの編集
 該当サーバにftpする際は、ftpでログインするユーザーのシェルが/etc/shellsに記述されていないとftpでログインすることができない。
  /sbin/sh
  /bin/sh
  /bin/csh
  /bin/bash
  /bin/tcsh
  /usr/local/bin/tcsh
 **shell Tips [#rf818dc9]
 -[[shell Tips]]
 
 **サービス設定 [#pc531af4]
 -/etc/init.d -> rc?.d 
  chkconfig httpd on
  chkconfig --list httpd
 
 **サービス起動・停止・再起動 [#v12eb96e]
  service <サービス名> start
  service <サービス名> stop
  service <サービス名> restart
 
 **static route追加 [#u3f433db]
 -この辺を変更
  /etc/sysconfig/static-routes
  /etc/sysconfig/network-scripts/route-eth0
 -書き方はこんな感じ
  192.168.2.0/24 via 192.168.1.254
 
 
 **sendmail [#sb08b7fd]
 -[[sendmail]]
 
 **yum [#tfe17b2c]
 -[[yum]]
 
 ~
 ~
 CENTER:&amazon(zaurus,key,Linux UNIX Zaurus リナックス GNU Solaris, books);


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS