*LinuxとUNIX
#contents
**基本
-[[UNIXコマンドのキホン]]

**sudoコマンド
-/etc/sudoersファイルに以下のようにユーザーIDを登録
 nuzou ALL=(ALL) ALL

**xinetdの再起動
 /etc/rc.d/init.d/xinetd restart

**inetdの再起動
 ps -ef | grep inetd
 kill -HUP プロセス番号

**サーバの監視
-[[ORCAWareでサーバ監視]]

**ビルド&インストールメモ
-[[Apach2+PHP4>Apach2+PHP4のインストール]]
-[[wget>wgetのインストール]]
-[[GNU tar>GNU tarのインストール]]
-[[top>topのインストール]]
-[[OpenSSH>OpenSSHのインストール]]
-[[emacs>emacsのインストール]]
-[[samba>Sambaのインストール]]
**Solaris Install
-グラフィック設定(フレームバッファの解像度変更)
--eeprom上のモニタ設定
 setenv output-device screen:r1024x768x60
 boot -r
screenに指定できる値は以下のようなもの
 1024x768x60  1024x768x70 
 1024x768x75  1024x768x77 
 1152x900x66  1152x900x76 
 1280x800x76  1280x1024x60 
 1280x1024x67 1280x1024x76 
 640x480x60
--Solaris8統合デスクトップ(CDE)解像度設定
 /usr/sbin/afbconfig -res svga
resの後ろは上記の値の他に以下のような記号でも指定できまふ
 記号名  対応する表示モード
 svga   1024x768x60
 1152   1152x900x76
 1280   1280x1024x76 
 stereo  960x680x112s 
 ntsc   640x480x60i
 pal    768x575x50i 




-デフォルトゲートウェイ~
/etc/defaultrouterにデフォルトゲートウェイのIPアドレスを1行書く
 192.168.1.1
-DNS設定~
solaris から DNS を参照するには/etc/resolv.confを編集する
 domain tanuzou.com
 nameserver 192.168.1.2
 nameserver 192.168.1.3
/etc/nsswitch.confのhostエントリを変更する
 hosts files dns

**Solaris8 のパワーセーブモードをOFFにする
 mv /etc/rc2.d/S85power /etc/rc2.d/_S85power
**Solaris シャットダウン
 /usr/sbin/shutdown -g0 -i0 -y
-g0:シャットダウンまでの時間
-i0:init 0の実行
-y:ユーザの介入なしにシャットダウン
**Ultra10にUSBインターフェースを増設
-[[Ultra10にUSBインターフェースを増設]]

**/etc/shellsの編集
該当サーバにftpする際は、ftpでログインするユーザーのシェルが/etc/shellsに記述されていないとftpでログインすることができない。
 /sbin/sh
 /bin/sh
 /bin/csh
 /bin/bash
 /bin/tcsh
 /usr/local/bin/tcsh
~
~
CENTER:&amazon(zaurus,key,Linux UNIX Zaurus リナックス GNU Solaris, books);


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS