*Solaris
 #contents
 
 **Solaris Install
 -グラフィック設定(フレームバッファの解像度変更)
 --eeprom上のモニタ設定
  setenv output-device screen:r1024x768x60
  boot -r
 screenに指定できる値は以下のようなもの
  1024x768x60  1024x768x70 
  1024x768x75  1024x768x77 
  1152x900x66  1152x900x76 
  1280x800x76  1280x1024x60 
  1280x1024x67 1280x1024x76 
  640x480x60
 --Solaris8統合デスクトップ(CDE)解像度設定
  /usr/sbin/afbconfig -res svga
 resの後ろは上記の値の他に以下のような記号でも指定できまふ
  記号名  対応する表示モード
  svga   1024x768x60
  1152   1152x900x76
  1280   1280x1024x76 
  stereo  960x680x112s 
  ntsc   640x480x60i
  pal    768x575x50i 
 
 
 
 
 -デフォルトゲートウェイ~
 /etc/defaultrouterにデフォルトゲートウェイのIPアドレスを1行書く
  192.168.1.1
 -DNS設定~
 solaris から DNS を参照するには/etc/resolv.confを編集する
  domain tanuzou.com
  nameserver 192.168.1.2
  nameserver 192.168.1.3
 /etc/nsswitch.confのhostエントリを変更する
  hosts: files dns
 
 **rootでリモートログインできるようにする
 -/etc/default/loginにある CONSOLE=/dev/consoleをコメントアウトする
 **Solaris8 のパワーセーブモードをOFFにする
  mv /etc/rc2.d/S85power /etc/rc2.d/_S85power
 
 **Solaris シャットダウン
  /usr/sbin/shutdown -g0 -i5 -y
 -g0:シャットダウンまでの時間
 -i5:init 5の実行~
 OKプロンプトへ落とすなら-i0
 -y:ユーザの介入なしにシャットダウン
 
 **Ultra10でUSBを使う
 -[[Ultra10にUSBインターフェースを増設]]
 
 **ftp接続設定(/etc/shellsと/etc/ftpusersの編集)
 -該当サーバにftpする際は、ftpでログインするユーザーのシェルが/etc/shellsに記述されていないとftpでログインすることができない。
  /sbin/sh
  /bin/sh
  /bin/csh
  /usr/bin/bash
  /usr/bin/tcsh
 -さらに/etc/ftpusersにftp接続を&color(red){許可しない};ユーザを記述する。
  daemon
  bin
  sys
  adm
  lp
  uucp
  nuucp
  listen
  nobody
  noaccess
  nobody4
 
 **パッチ
 -[[SunSolve Online>http://jp.sunsolve.sun.com/pub-cgi/show.pl?target=home]]
 -[[推奨 & セキュリティパッチ>http://jp.sunsolve.sun.com/pub-cgi/show.pl?target=patches/patch-license&nav=pub-patches]]
 
 -シングルユーザーモードで起動してインストールする
  # sync;sync;sync
  # reboot -- -s
  # unzip 8_Recommended.zip
  # cd 8_Recommended
  # ./install_cluster
 
 **Solaris Maintenance Update 
 -[[Maintenance Update Release>http://access1.sun.com/Products/solaris/mu/]]
 
 +ユーザー登録をする
  /usr/dt/bin/solregis
 +[[Maintenance Update Release>http://access1.sun.com/Products/solaris/mu/]]からMUをダウンロード
 +解凍する
  # gzip S8MU7_sparc.zip
 +シングルユーザーモードで起動
  # sync;sync;sync
  # reboot -- -s
 +インストール
  # cd Solaris_8_MU7
  # ./install_mu4
 +再起動
  # sync;sync;sync
  # reboot
 
 **フォントサーバ設定
 Solaris上でフォントサーバが動いていると、XDMCPを使って接続したときに砂時計のままになってしまうので、その対策
 -/usr/openwin/lib/X11/fontserver.cfgのcatalogueエントリに以下を追記
  /usr/openwin/lib/locale/ja/X11/fonts/75dpi,
  /usr/openwin/lib/locale/ja/X11/fonts/TTbitmaps/,
  /usr/openwin/lib/locale/ja/X11/fonts/TT/
 -編集後の/usr/openwin/lib/X11/fontserver.cfgはこんな感じ
  # font server configuration file
  # $XConsortium: config.cpp,v 1.7 91/08/22 11:39:59 rws Exp $
  
  clone-self = on
  use-syslog = off
  catalogue = /usr/openwin/lib/X11/fonts/F3bitmaps/,
          /usr/openwin/lib/X11/fonts/Type1/,
          /usr/openwin/lib/X11/fonts/Speedo/,
          /usr/openwin/lib/X11/fonts/misc/,
          /usr/openwin/lib/X11/fonts/75dpi/,
          /usr/openwin/lib/X11/fonts/100dpi/,
          /usr/openwin/lib/locale/ja/X11/fonts/75dpi,
          /usr/openwin/lib/locale/ja/X11/fonts/TTbitmaps/,
          /usr/openwin/lib/locale/ja/X11/fonts/TT/,
          /usr/openwin/lib/X11/fonts/Xt+
  # in decipoints
  default-point-size = 120
  default-resolutions = 75,75,100,100
 -フォントサーバが有効かどうか確認
  /usr/openwin/bin/fsadmin
 -dtloginを再起動
  /etc/init.d/dtlogin stop
  /etc/init.d/dtlogin start
 -XDMCPで接続
  Cygwinのxwinの例:
  xwin -query <Solaris> -from <Xサーバ> -fp tcp/<Solaris>:7100 
 
 **インストールパッケージ(Solaris8)
 面倒なものはソースからではなくパッケージで入れてしまおぅ~
 [[http://sunfreeware.com/]]~
 [[http://sunsite.tus.ac.jp/sun/solbin/]]
 
 -gcc
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/gcc-3.3.2-sol8-sparc-local.gz
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/libgcc-3.4.1-sol8-sparc-local.gz
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/libiconv-1.8-sol8-sparc-local.gz
 -binutils
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/binutils-2.11.2-sol8-sparc-local.gz
 -emacs
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/emacs-21.1-sol8-sparc-local.gz
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/jpeg-6b-sol8-sparc-local.gz
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/libpng-1.2.7-sol8-sparc-local.gz
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/libungif-4.1.0-sol8-sparc-local.gz
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/tiff-3.6.1-sol8-sparc-local.gz
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/zlib-1.2.1-sol8-sparc-local.gz
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/xaw3d-1.5-sol8-sparc-local.gz
  wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/sparc/8/xpm-3.4k-sol8-sparc-local.gz
 
 
 
 **ビルド&インストールメモ
 -[[wget>wgetのインストール]]
 -[[GNU tar>GNU tarのインストール]]
 -[[sudo >sudoのインストール]]
 -[[top>topのインストール]]
 -[[CVS>CVSのインストール]]
 -[[MySQL>MySQLのインストール]]
 -[[Apach2+PHP4>Apach2+PHP4のインストール]]
 
 -[[delegate>delegateのインストール]]
 **Oracle
 -[[Oracle 9i インストール>Oracle 9i for SPARC のインストール]]
 
 
 **NFSの設定
 -NFS Server
 --/etc/dfs/dfstabに公開するファイルシステムを記述する
  share -F nfs -o rw -d "/export/home" /export/home
 --特定のマシンにのみ公開したい場合は、rwの後にマシン名をつける
  share -F nfs -o rw=hoge -d "/export/home" /export/home
 --保存したらshareall
 -NFS Client
 --/etc/vfstabにマウントするファイルシステムを記述する
  hoge:/export/home  -  /home nfs  -  yes rw,bg,soft,intr 
 --fstabには、8つの項目が左から順に記述される. 
 +++サーバーのディレクトリ名 
 +++fsckするデバイス名(NFSでは不要なので -) 
 +++自分のマシンのマウントポイント 
 +++ファイルシステムのタイプ(nfs、lofs、ufs等) 
 +++fsck Pass(NFSでは不要なので -) 
 +++ブートしたときにマウントするか否か(yes or no) 
 +++mountのオプション
 --保存したらmountall
 
 
 **UFSロギングの設定
 -UFS filesystem に対して logging option を指定することで、以下の恩恵がある(はず)
 --ファイルシステムの高速化 
 --ブートの高速化 
 --ディスク不整合がほぼ起こらないため、fsck の世話にならなくて済む 
 -具体的には/etc/vfstabのmount option に logging を追加する
  /dev/dsk/c0t0d0s0 /dev/rdsk/c0t0d0s0 / ufs 1 no logging
 -さらにアクセスタイムが不要なら、保存しないようすることでさらに高速化される(はず)
  /dev/dsk/c0t0d0s0 /dev/rdsk/c0t0d0s0 / ufs 1 no logging,noatime
 
 ~
 ~
 CENTER:&amazon(zaurus,key,UNIX GNU Solaris, books);


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS