#contents
 -※2014-11現在、Redshiftは標準ではSingle-AZのみ
 
 *VPCとSubnetを作る [#o49eb01d]
 -Subnet、ルートテーブル、ゲートウェイなどなど
 
 *Amazon Redshift クラスターサブネットグループを作成 [#gbbc282b]
 -Security→Subnet Groupsタブ
 -Name:<名前>
 -Description:<説明>
 -VPC、Subnetを選ぶ
 
 *VPCでSecurity Group を作成 [#zf55fb42]
 -※RedshiftのSecurity Groupsではない!
 -VPC:作成したクラスターサブネットグループのあるVPC
 
 *Redshiftパラメータグループの作成 [#n4f9a51f]
 -Parameter Group Family:redshift-1.0
 -Parameter Group Name:<名前>
 -Description:<説明>
 
 *Redshift クラスタ作成 [#m23fd684]
 -cluster detail
 --Cluster Identifier:<ID>
 --Database Name:<DB名>
 --Database Port:5439
 --Master User Name:<ユーザ名>
 --Master User Password:<パスワード>
 --Confirm Password:<パスワード>
 
 -node config
 --Node Type:dw2.large
 --Cluster Type:Multi
 --Number of Compute Nodes:2
 
 -Addtional Config
 --Cluster Parameter Group:作成したパラメータグループ
 --Encrypt Database:No
 --Choose a VPC:作成したクラスターサブネットグループのあるVPC
 --Cluster Subnet Group:作成したクラスターサブネットグループ
 --Publicly Accessible:No
 --Availability Zone:選択する
 --VPC Security Groups:作成したセキュリティグループ
 --Create CloudWatch Alarm:YES
 --Disk Usage Threshold:80%
 --Use Existing Topic:YES
 --Topic:デフォルトのまま
 --Recipients: <メールアドレス>
 
 -Review
 --クリック:Lunch Cluster
 
 
 *クラスタの設定変更 [#f671e694]
 -Modify Cluster
 --Automated Snapshot Retention Period:1→7
 --Maintenance Window Start:Monday 19:00 UTC
 --Maintenance Window End:Monday 19:30 UTC
 
 *情報の確認 [#ced05d96]
 -Cluster Database Properties
 --Endpoint
 --JDBC URL
 --ODBC URL
 --SSH Ingestion Settings
 --Node IP Addresses:Private IP
 ---Leader
 ---Compute-0
 ---Compute-1
 
 *EndpointをRoute53privateへ登録 [#x50d474f]
 
 *ユーザの作成 [#p687ebf3]
 -Redshiftへ接続
  create user <システム名>user with password '<パスワード>';
 -クライアントはSQL Workbench/Jを使うと良い。
  http://www.sql-workbench.net/
 
 
 CENTER:&amazon(zaurus,key,Linux UNIX リナックス GNU Solaris Windows XP Vista C# Java PHP Ruby Apache VB C++ 玄箱 Debian RedHat SQL Oracle AWS, books);
 
 


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS