*玄箱 [#ff0abade]
 #contents
 **玄箱 [#hd9b9576]
 玄箱はNAS組み立てキットです。~
 ハックすることでDebianやVine化できます(=Linux Boxになる)。
 -[[玄箱公式HP>http://www.kuroutoshikou.com/products/kuro-box/kuro-boxfset.html]]
 -[[玄箱HG公式HP>http://www.kuroutoshikou.com/products/kuro-box/kuro-box_hgfset.html]]
 -[[玄人志向>http://www.kuroutoshikou.com/]]
 **玄箱Debian化(お手軽) [#rf696754]
 +玄箱の場合、[[玄人志向のHP>http://www.kuroutoshikou.com/]]にある[[玄箱のページ>http://www.kuroutoshikou.com/products/kuro-box/kuro-boxfset.html]]から[[ファームウェアアップデート>http://www.kuroutoshikou.com/products/kuro-box/kuro_102.zip]]を入手
 +玄箱HGの場合、[[玄人志向のHP>http://www.kuroutoshikou.com/]]にある[[玄箱HGのページ>http://www.kuroutoshikou.com/products/kuro-box/kuro-box_hgfset.html]]から[[ファームウェアアップデート>http://www.kuroutoshikou.com/products/kuro-box/kurog101.zip]]を入手
 +[[玄箱うぉううぉう♪>http://kuro.dsk.jp/]]の[[モノ>http://kuro.dsk.jp/]]にある[[debian_2005_08_21_dist.tgz>http://kuro.dsk.jp/data/dist/debian_2005_08_21_dist.tgz]]をダウンロード~
 &ref(http://tanuzou.com/nuzou/files/debian_2005_08_21_dist.tgz);
 +ダウンロードしたdebian_2005_08_21_dist.tgzの名前をtmpimage.tgzに変更
 +tmpimage.tgzをzipで圧縮し、image.zipという名前にする
 +ファームウェアアップデートを解凍する。
 +ファームウェアアップデートを解凍したフォルダのimage.zipを、上記で作成したimage.zipに差し替え
 +以下のどちらかで玄箱をEMモードにする
 ++玄箱に新しいハードディスク or パーテーションを削除したディスクを組み込む
 ++KURO-BOX-EM化(すでに玄箱が使える状態になっている場合)
 ---write_ng.tgzをダウンロードして玄箱に転送
 ---telnetでログインする
 ---次を実行
  # tar zxvf write_ng.tgz
  # ./write_ng > /dev/fl3
  # reboot
 +KuroBoxUpdate.exeを実行
 +玄箱の電源を切&入で再起動
 +telnetでログインしてみる
 --IP:192.168.0.100/24
 --UserID/PW:tmp-kun/tmp-kun
 --RootID/PW:root/root
 **玄箱Debian化(スライス手動設定) [#y3cf76ad]
 +[[玄箱うぉううぉう♪>http://kuro.dsk.jp/]]の[[モノ>http://kuro.dsk.jp/]]にある[[debian_2005_08_21_dist.tgz>http://kuro.dsk.jp/data/dist/debian_2005_08_21_dist.tgz]]をダウンロード~
 &ref(http://tanuzou.com/nuzou/files/debian_2005_08_21_dist.tgz);
 -玄箱をEMモードに落とす
 --write_ng.tgzをダウンロードして玄箱に転送
 --telnetでログインする (root/kuroadmin)
 --次を実行
  # tar zxvf write_ng.tgz
  # ./write_ng > /dev/fl3
  # reboot
 -telnetでEMモードの玄箱に接続(IPアドレスはファームのKuroBoxUpdate.exeでわかる)
 -パーティションの削除
  /sbin/mfdisk -e /dev/hda   ->	パーティションの削除
 -パーティションの作成
  /sbin/mfdisk -c /dev/hda   ->	パーティションをメニュー形式で作成
 --パーティションを新たに作る
  p
  n
 --スワップパーティションにする
  t
  82
 -フォーマットする
 --Linuxパーティション
  mke2fs -j /dev/hda1
 --Linux swapパーティション
  mkswap /dev/hda2
 -マウント
  mkdir /tmp/root
  mount /dev/hda1 /tmp/root
  cd /tmp/root
  mkdir var
  mkdir usr
  mkdir home
  mount /dev/hda3 /tmp/root/var
  mount /dev/hda5 /tmp/root/usr
  mount /dev/hda6 /tmp/root/home
 --こんな感じになるはず
  /dev/hda1             1      5222  41945683+  83  Linux                /
  /dev/hda2          5223      5484   2104515   82  Linux swap           (swap)
  /dev/hda3          5485     10706  41945715   83  Linux                /var
  /dev/hda4         10707     30515 159115792+   5  Extended
  /dev/hda5         10707     15928  41945683+  83  Linux                /usr
  /dev/hda6         15929     30515 117170046   83  Linux                /home
 -debian_2005_08_21_dist.tgzをftpで/tmp/rootに転送
 -debian_2005_08_21_dist.tgzを展開
  tar zxvf debian_2005_08_21_dist.tgz
 -ネットワーク関係のファイル設定
 --/tmp/root/etc/network/interfaces
  iface eth0 inet static
  address 192.168.1.99
  network 192.168.1.0
  netmask 255.255.255.0
  broadcast 192.168.1.255
  gateway 192.168.1.1
  
  iface lo inet loopback
  
  auto eth0 lo
 --/tmp/root/etc/hosts
  127.0.0.1       localhost
  192.168.1.99    KURO-BOX
 --/tmp/root/etc/hosts.allow
  ALL : 192.168.1.0/255.255.255.0
  ALL : 127.0.0.1
 --/tmp/root/etc/resolv.conf
  serach tanuzou.com
  nameserver 192.168.1.1
 -EMモードから復帰
  echo -n 'OKOK' > /dev/fl3
  reboot
 
 **EMモードに落とす [#jff43cfc]
 -その1
 --write_ng.tgzをダウンロードして玄箱に転送
 --telnetでログインする
 --次を実行
  # tar zxvf write_ng.tgz
  # ./write_ng > /dev/fl3
  # reboot
 -その2
  echo -n 'NGNG' > /dev/fl3
  reboot
 
 **EMモードから復帰 [#j92de757]
  echo -n 'OKOK' > /dev/fl3
  reboot
 
 
 **ユーザ設定 [#ue683655]
 -rootのパスワード変更
 ++telnetでログイン
 ++su
 ++passwd
 ++exit
 ++su~
 ※パスワードが変わっていることを確認
 -一般ユーザの作成とテンポラリユーザの削除
 ++telnetでログイン
 ++su
 ++adduser nuzou
 ++作成したユーザIDでtelnetでログイン
 ++suでrootになる
 ++deluser --remove-home tmp-kun
 ++削除したユーザIDでtelnetでログイン出来ないことを確認
 **最新版に更新 [#dfdc4b8c]
  apt-get update
  apt-get upgrade
 **sarge化 [#x198ee42]
 -debian化した直後はwoodyなので、これをsargeにする
 -/etc/apt/sources.listの書き換え(woody->sarge)
  deb http://security.debian.org sarge/updates main contrib
  deb ftp://ftp.dti.ad.jp/pub/Linux/debian sarge main contrib
  deb ftp://ftp.dti.ad.jp/pub/Linux/debian-non-US sarge/non-US main contrib
  deb-src ftp://ftp.dti.ad.jp/pub/Linux/debian sarge main contrib
  deb-src ftp://ftp.dti.ad.jp/pub/Linux/debian-non-US sarge/non-US main contrib
 -apt-get update
 -apt-get dist-upgrade
 
 **各種インストール [#h6d032a4]
 -sudo
 --apt-get update 
 --apt-get install sudo
 --vi /etc/sudoers で 以下を追加する
  nuzou ALL=(ALL) ALL #nuzou=user name
 -wget
 --apt-get update
 --apt-get install wget
 **日本語 [#qb8e8b27]
 +language-envインストール
 --apt-get update
 --apt-get install language-env
 +dpkg-reconfigure -plow locales実行
 --ja_JP.EUC-JPとja_JP.UTF-8を選択
 --system defaultはCを選択
 +user-ja-conf実行
 +ja-trans manpages-ja nvi-m17nインストール
 --apt-get install ja-trans manpages-ja nvi-m17n
 +/etc/locale.getを編集
  ja_JP.EUC-JP EUC-JP
 +locale-gen を実行
 **コンパイル環境(gcc) [#o52662fd]
 -apt-get install gcc
 -apt-get install gcc-3.0
 -apt-get install libc-dev
 **開発用ライブラリ [#qb7c5f92]
 -Berkeley v3 データベースライブラリ [開発]
 --apt-get install libdb3-dev
 **SSH (OpenSSH) [#ab94279a]
 -[[OpenSSHのインストール]]
 -apt-get install ssh
 **emacs [#d646156e]
 -atp-get install emacs21
 -apt-get install emacs21-el
 **Apache2+PHP [#s2e3148e]
 -[[Apach2+PHP4のインストール]]
 -apt-get install apache2
 **PHP [#sfbac5dd]
 -apt-get install php4 php4-common php4-cgi php4-dev libapache2-mod-php4 php4-curl  
 **MySQL [#bacc01c7]
 -apt-get install mysql-server
 -[[MySQLのインストール]]
 **webmin [#x45eafcb]
 -apt-get install webmin
 -apt-get install webmin-apache
 -apt-get install webmin-mysql
 -apt-get install webmin-samba
 -apt-get install webmin-software
 -apt-get install webmin-status
 -apt-get install webmin-exports
 -apt-get install webmin-sshd
 -apt-get install webmin-status
 
 -インストール後、http://kuro-box:10000/へアクセス
 **NTP [#l3170d4d]
 +パッケージ情報の更新
 --sudo apt-get update
 +パッケージのインストール
 --sudo apt-get install ntp ntpdate ntp-doc ntp-simple
 +NTPサーバの設定(Specify NTP time servers)
 --ntp1.jst.mfeed.ad.jp
 +/etc/ntp.confの上書き確認
 --YES
 +ntpdの起動を確認
 --cat /var/log/daemon.log
 +同期しているか確認
 --ntpq -pn 
 +時間を確認
 --date
 **Java SDK [#lab81310]
 -[[IBMのホームページ>https://www14.software.ibm.com/webapp/iwm/web/reg/pick.do?source=lxdk&S_TACT=104AHW03&S_CMP=LXJDK&lang=ja_JP]]からPowerPC版をダウンロードする
 -ダウンロードするのは「IBM SDK for 32-bit iSeries/pSeries」の「IBMJava2-SDK-142.ppc.tgz  
 」です。
 -ユーザー登録が必要です
 -ダウンロードしたら、ファイルを展開してパスを通します
 
 **samba [#ndcb1a67]
  apt-get install libcupsys2-gnutls10 samba samba-common swat
 -[[日本Sambaユーザ会>http://www.samba.gr.jp/]]
  apt-get install libcupsys2-gnutls10 samba samba-common swat
 +ソース
 --[[samba 3.0.7.tar.gz>ftp://ftp.samba.gr.jp/pub/samba/samba-3.0.7.tar.gz]]
  wget ftp://ftp.samba.gr.jp/pub/samba/samba-3.0.7.tar.gz
 +sambaのコンパイル
  tar zxvf samba-3.0.7.tar.gz
  cd samba-3.0.7
  cd source
  ./configure --with-smbmount \
              --with-syslog \
              --with-i18n-swat
  make
 +sambaの設定
 +SWATの設定
 ~
 ~
 CENTER:&amazon(zaurus,key,玄箱 Linux UNIX リナックス GNU Debian SSL samba apache PHP SSH, books);


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS