ORCAWareでサーバ監視

System requirement

  • Solaris 7/8
  • Perl 5.005_03 or later
    • LinuxではORCAのorcallatorを改変する必要がある

ファイル取得

  • Orca
  • SE Toolkit
    wget http://www.orcaware.com/orca/pub/orca-0.27.tar.gz
    wget http://www.orcaware.com/orca/pub/orcallator.se-1.37.txt
    wget http://www.orcaware.com/orca/pub/orcallator.cfg-1.36.txt
    wget http://www.wundermoosen.com/Downloads/Caribou/3.4/RICHPse34.tar.gz

SE Toolkitのインストール

gzip -dc RICHPse.tar.gz | tar xvf -
pkgadd -d . RICHPse
/opt/RICHPse/binをPATHに追加
/opt/RICHPse/examples:/opt/RICHPse/toptoolをSEPATHに追加
se disks.se     #動作確認

Orcaのインストール

gzip -dc orca-0.27.tar.gz | tar xvf -
cd orca-0.27
./configure --with-html-dir=/export/home/nuzou/public_html/orca
make
#configure/makeでunknown operator -B/usr/ccs/bin/が出た場合、
#orca-0.27/packages/rrdtool-1.0.40/configureの951行目辺りにある「PROBLEMCC=〜」を「PROBLEMCC=""」に変更
su
make install_modules          #perlやRRDToolsなど、必要なモジュール群をインストール
make install                  #orca本体をインストールします
make orcallator_run_at_boot   #init.dにorcallatorを作り、システム起動時にorcallatorが自動起動

Ocallatorの起動とモニタリング

  • orcallatorが常駐し、RRDファイルにデータを蓄積します
    /usr/local/bin/start_orcallator
  • 起動時にorcallatorが常駐するようにするには、以下の内容で「/etc/init.d/orcallator」を作成する。パーミッションは744。
    #!/bin/sh
    
    prefix=/usr/local
    exec_prefix=${prefix}
    bindir=${exec_prefix}/bin 
    
    case "$1" in
    'start')
            if [ -x $bindir/start_orcallator ]; then
                    umask 022
                    $bindir/start_orcallator
            else
                    echo "$0: $bindir/start_orcallator does not exist or is not executable."
            fi
            ;; 
    
    'stop')
            if [ -x $bindir/stop_orcallator ]; then
                    $bindir/stop_orcallator
            fi
            ;;
    
    *)
            echo "Usage: $0 { start | stop }"
            exit 1
            ;;
    
    esac
    exit 0
  • さらにrc*.dに/etc/init.d/orcallarotへのシンボリックリンクを作る
    cd /etc/rc0.d
    ln -s ../init.d/orcallarot K01orcallator
    cd /etc/rc1.d
    ln -s ../init.d/orcallarot K01orcallator
    cd /etc/rc3.d
    ln -s ../init.d/orcallarot S99orca
    

グラフを作る

  • 1回だけ作る
    cd /usr/local
    ./bin/orca -once lib/orcallator.cfg
  • 継続して作る
    cd /usr/local
    ./bin/orca -v lib/orcallator.cfg

グラフを一定間隔で更新

  • orcaはデーモンになり、グラフとHTMLを一定間隔で出力します
    cd /usr/local
    ./bin/orca -d lib/orcallator.cfg
  • cronで回すには以下をcrontabに追加
    0,5,10,15,20,25,30,35,40,45,50,55 * * * * /usr/local/bin/orca -once /usr/local/lib/orcallator.cfg > /dev/null 2>&1

FAQ

  • ORCAって何よ?
    • RRDToolのフロントエンドでございます
  • ORCAで何ができるのよ?
    • RRDToolのrrdデータの取得をまとめてやってくれちゃいますので、小難しいRRDToolsを覚える必要がありません
  • orcaとorcallatorって何が違うの?
    • orcallatorはシステムをモニタリングし、その情報をRRDファイルに蓄積します
    • orcaはRRDファイルに蓄積されたデータを元に、グラフとHTMLファイルを作成します
  • orcaを実行するの忘れたんだけど
    • orcallatorが起動していればデータの蓄積がされているため問題ありません。orcaを実行することによりグラフが作られます。
  • pod2manが無いって怒られる
    • /usr/perl5/5.00503/binにあるからPATHを通しておけ



Solaris関連
(books)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 17 Apr 2008 17:04:45 JST (3444d)