LinuxとUNIX

基本

vi

  • viの基本コマンド
  • 置換
    :s/<変換元文字列>/<変換後文字列>/g
    ファイル内全部まとめてなら
    :g/<変換元文字列>/s//<変換後文字列>/g
  • undo
    u
  • Redo
    .

sudoコマンド

xinetdの再起動

/etc/rc.d/init.d/xinetd restart

inetdの再起動

ps -ef | grep inetd
kill -HUP プロセス番号

cron

  • crontab
    コマンド(+パラメータ)説明
    crontab -ecrontabファイルを編集
    crontab -rcrontabファイルを削除
    crontab -lcrontabファイルを表示
  • crontab -eで起動されるエディタは、環境変数EDITORに指定されたもの。未設定の場合はedが起動する。

サーバの監視

ビルド&インストールメモ

Solaris こぉなぁ

TERM=teraterm を使う

  • UNIX(Solaris/Linux)側
    • ここからTera Term 用 TERMINFO ファイルをダウンロードする
      mkdir teracap
      cd teracap
      wget http://hp.vector.co.jp/authors/VA002416/teralin1.tgz
    • 展開
      tar zxvf teralin1.tgz
    • インストール
      sudo tic teraterm.ti
  • TeraTerm?
    • TERATERM.INIに以下を追記(または変更)
      AnswerBack=teraterm
      TermType=teraterm
      VTColor=0,0,0,192,192,192
      VTBoldColor=0,0,255,255,255,255
      VTBlinkColor=255,0,0,255,255,255
    • UNIX(Solaris/Linux)へ接続
    • emacsあたりを起動して確認

ファイルの分割と結合

  • 分割
    例:hoge.binを1Mずつに分割
    split -b 1m hoge.bin hoge.
  • 結合
    cat hoge.* > hoge.bin

デフォルトのシステム言語の設定

/etc/sysconfig/i18n を変更する

[nuzou@tanuzou01 sysconfig]# cat i18n 
LANG="ja_JP.UTF-8"
SUPPORTED="ja_JP.UTF-8:ja_JP:ja"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

shell Tips

サービス設定

  • /etc/init.d -> rc?.d
    chkconfig httpd on
    chkconfig --list httpd

サービス起動・停止・再起動

service <サービス名> start
service <サービス名> stop
service <サービス名> restart

static route追加

  • この辺を変更
    /etc/sysconfig/static-routes
    /etc/sysconfig/network-scripts/route-eth0
  • 書き方はこんな感じ
    192.168.2.0/24 via 192.168.1.254

sendmail

yum



リナックス関連
(books)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 05 Sep 2011 12:06:45 JST (2057d)