BeckyのメールデータをWanderlustへ移行させる

はじめに

BeckyからWanderlustへメールのデータを移行させたときの手順です。 かならずしもこの手順でできるわけではありませんが、参考になればと思います。

基本

あたりまえですがWanderlustで使用できるメールデータ形式に変換してしまえばいいわけです。具体的にはMH形式に変換してしまえばいいのです。MH形式に変換できれば、元のメールソフトは何でもOKのはずです。

使うもの

手順

  1. Becky!のメールをmbox形式でエクスポート
    標準のエクスポートでOKですが、フォルダが多い場合は面倒なので、CircleBeckyを使うと簡単です。

  2. incmのインストール(必要があれば)
    make
    cp incm.exe /usr/local/bin
  3. 変換後のメールデータの出力先を作成
    cd ~
    mkdir Mail
    cd Mail
    mkdir inbox_becky
    …
    以下、必要なだけ続ける
  4. メールデータの変換(mbox→mh)
    incm -b -d 受信箱.mbox -i ~/Mail/inbox_becky
    …
    以下、必要なだけ続ける。
    数が多いならシェルとかバッチを作ると○

  5. .folderに以下を追加
    +inbox_becky "Beckyの受信箱"
    …
    以下、必要なだけ続ける。
    面倒なら以下の1行を追加する。
    + /

問題点

  • 移行したメールのスレッドが繋がらない(受信メールのスレッドは繋がる)
  • ↑文字コードと改行コードの問題と思われます。qkcでJIS/LFにしたところ、スレッドがつながるようになりました。
    cd ~/Mail
    find . | xargs qkc -ju

その他の解法

  1. eml形式でエクスポート
  2. ファイル名を連番にする
    seq=1; for i in *.eml; do mv "$i" $seq; seq=`expr $seq + 1`; done
    元ファイルを残すなら
    seq=1; for i in *.eml; do cp "$i" ./eml/$seq; seq=`expr $seq + 1`; done

元に戻すとき(Wanderlust→Becky)

  • 解法1:ここにmh2mboxというスクリプトがあるので、これを使ってMHフォルダをmbox化し、Beckyでインポートします。
  • 解法2:名前を*.emlにする
    seq=1; for i in *; do mv "$i" $seq.eml; seq=`expr $seq + 1`; done
    元ファイルを残すなら
    seq=1; for i in *; do cp "$i" ./eml/$seq.eml; seq=`expr $seq + 1`; done



Linux関連
(books)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 21 Nov 2005 18:50:09 JST (4207d)